• HOME
  • >
  • BLOG
  • >
  • 平成30年10月1日付より当館の活動は一般社団法人伝統文化保存継承学舎・尚道学院における主催事業として実施されます
平成30年9月20日
 関 係 各 位
 一般社団法人伝統文化保存継承学舎・尚道学院
代表理事・尚道館館長  岡田守正

                                               
                    
一般社団法人伝統文化保存継承学舎・尚道学院設立のご案内及び
尚道館の活動位置付け、組織内容の一部変更に伴うご連絡
 
謹啓
初秋の候、皆様におかれましては益々御健勝の事とお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、尚道館は昭和10年に初代館長岡田守弘が現在の地に開設以来、本年83年周年を迎えるに至ります。戦前より道場に竹刀の音をほとんど絶やす事無く活動を続けて来られた事は、全国の剣道場を見渡して見みましても他にほとんど例の無いことであったのではないかと自負しており、当館の何よりの誇りです。これも偏に、永年に亘り各年代において支え続けて頂いた館員(門弟)関係者、またそのご父母の皆様方のご支援の賜物と改めましてここに深く感謝申し上げます。
しかしながら現在、例えば少子化等の問題を抱える社会及び現代剣道界の情勢を考えますに、個人の剣道場がこれまでの方法論のままで存続を続けていく事は極めて困難であると言わざるを得ません。そこで数年の構想を経て、本年年明け早々に一念発起し、一般社団法人伝統文化保存継承学舎・尚道学院(116日付発足)を立ち上げるに至りました。これには今後、国際的・全国的に視野を広げて剣道を含む伝統文化に関わる幅広い事業の展開を目指す目的があります。加えて、多様な変化を見せる現代社会においての剣道における立ち位置を、当館ではその歴代館長の教えに従い「日本古来の伝統文化」として純然に定め、「稽古照今」の精神を継承して参る意思表示でもあります。これを踏まえてこの度正式に(101日付)尚道館の活動を本法人の主催事業に移行してこれを位置付け、組織構成も新たに再出発を致します。今回の組織変更によりまして定款上、これまでの「館員」→「一般会員」、「準館員」→「賛助会員」、「月謝」→「会費」にと名称は一部変更しておりますが、精神はそのまま継承の上、道場の秩序を保って参りたいと存じます。また、基本的内容その他はこれまでを引き継ぎ一般及び少年部共に門弟・会員の皆様方には毎月の会費自動引き落としによる振込先が下記の口座に変更となりますが、事務手続き等一切お手数をお掛けしないよう配慮致しております。まだ引き落とし手続きを頂いて無い方にはこの機会に所定の手続きをお願い致します。何卒趣旨ご理解の上更なるご協力とまだ産声を上げたばかりの当法人へのご助言、ご指導を賜りますようお願い申し上げます
尚、ご不明な点等につきましては、御遠慮なくお尋ね頂ければと存じます。
まずは関係各位にご連絡申し上げます。
謹白

[新引き落とし口座]
                    昭和信用金庫 下高井戸支店 普通 0365810
          一般社団法人伝統文化保存継承学舎・尚道学院 代表理事 岡田守正
    
 

道場のご案内

詳しくはこちら
totop